診療案内 - 入れ歯

入れ歯(義歯)

新しい発想の入れ歯 セレーブデンチャー(ノンクラスプデンチャー)

従来の部分入れ歯(義歯)は、残った自分の歯に金具をかけて固定しますが、この金具がお口を開けた時にどうしても目立ってしまいます。また、入れ歯が合わなくなってくると、この金具が歯に負担をかけてしまいます。

セレーブデンチャーはこのような金具を使っていません。また歯肉に近い色の素材を使っているので、入れ歯が入っているように見えません。

セレーブデンチャーは外側から目立たないだけでなく、内側の金具もなくなるので舌感が良く違和感が少なくなります。しかもフィット感が良いため、入れ歯と歯肉の間に食べ物が入りにくくなります。

※セレーブデンチャーは保険外診療です。
料金は、100,000円~150,000円です。(税別) 欠損の本数により料金が異なります。
詳細は当クリニックまでご相談下さい。

セレーブデンチャー(ノンクラスプデンチャー)と従来の入れ歯の違い

  • 食べ物が入れ歯に挟まることが少なくなります。
  • 薄く、軽く、弾力がある素材。とてもよくフィットします。
  • 金属の鉤が無く、笑顔になっても口元は美しいままです。
  • 金属アレルギーの方にも最適です。
  • 入れ歯に透明感があり、歯ぐきと見分けがつくにくい。
入れ歯
従来の入れ歯 従来の入れ歯
  • 硬くて違和感がある
  • 金具が見えて目立つ
  • 舌感が良くない
セレーブデンチャー セレーブデンチャー
  • 口を開けても笑っても目立たない
  • 残っている歯に負担がかからない
  • 食べ物がはさまりにくい
  • 舌感が良い
従来の入れ歯 従来の入れ歯 従来の入れ歯は健康な歯を削り、その上にレストという金属をはめて安定をさせています。その反面削った部分から新たな虫歯が生まれやすいという欠点もあります。
セレーブデンチャー セレーブデンチャー 失った歯はきれいに再現し今ある歯は大切にします。そのため、セレーブデンチャーは残った歯をそのままに、削ることなく装着出来ます。
従来の入れ歯 従来の入れ歯
セレーブデンチャー セレーブデンチャー

セレーブデンチャーは金具もなく、入れ歯自体が薄く出来ているので、ぴったりフィットし食べ物がはさまりません。

従来の入れ歯 従来の入れ歯 残った歯に金具をかけて、入れ歯を安定させます。金具は目立ち、硬いためにかけた歯に大きな負担をかけてしまいます
セレーブデンチャー セレーブデンチャー しなやかで弾力性がある素材のため、入れ歯をかける歯への負担をやわらげます。ウィングのかかる歯に接する面が大きいため、衝撃が小さくなります。
セレーブデンチャー(ノンクラスプデンチャー)症例写真
従来の入れ歯
セレーブデンチャー

セレーブデンチャーは金具を使用しないので口を開けても笑っても目立たなくなりました。

従来の入れ歯
セレーブデンチャー

外側から目立たないだけでなく、内側の金具も無くなるので舌感が良くなりました。

従来の入れ歯
セレーブデンチャー

前歯に金具がかかっていたため、大きく口を開けなくてもとても目立ち、気になっていましたが、セレーブデンチャーに変えて目立たなくなりました。

修理が可能な審美義歯 (セレーブデンチャー)

セレーブデンチャーの大きなポイント
  • 優れた設計による、抜群の審美性および装着感
  • セレーブデンチャーは一時的にお預かりして修理が可能!
  • 専用の洗浄液ではなく、一般の洗浄液の使用が可能
セレーブデンチャーの症例写真
従来の入れ歯 装着前
従来の入れ歯 保険義歯装着時
セレーブデンチャー セレーブデンチャー装着時
従来の入れ歯 装着前
従来の入れ歯 保険義歯装着時
セレーブデンチャー セレーブデンチャー装着時
※入れ歯が入っても終わりではなく、装着後のメンテナンスを(3か月~半年の検診)お勧めします。
ネット予約はこちら 電話予約はこちら